1. ホーム
  2. ≫感情を溜め込むと自律神経が乱れるので、感情の解放が必要

感情を溜め込むと自律神経が乱れるので、感情の解放が必要


234252

感情を溜め込んでいても、その自覚が無い人が多い

ヒーリングを行っていると、相当感情を溜め込んでいる人に、その状態についてお伝えしても自覚が無い事が多々あります。
自覚が無いからこそ、そこまで溜め込んでしまっているのですが、それが進むと、自律神経を乱したり、精神を病んだりしてきます。

感情を溜め込んでいることは本人は無自覚なのですが、端から見ると、ちょっとしたことでイライラしたり、感情が不安定になりやすかったりしているのが分かります。
おそらく溜め込み始めた頃は、何らかの違和感などの自覚はあったのでしょうが、それが進むにつれて、麻痺してくるのでしょう。

人間の感覚というのは、普段の状態を基準とする傾向があるの、悪化した状態が続くと、それが基準になっているので、元の状態が分からなくなってくるのです。
急激に悪化した場合なら氣付けるレベルの差でも、徐々に悪化してそのレベルまで至ったら、かなり悪化していても氣付けないものです。
これは感覚を鈍らせてなければ耐えられないレベルという事でもあります。

鈍くなった状態での判断は当てにならない

鈍くなっているのに、本人には自覚が無いので、正常な状態だと思って様々な判断をしたりするのですが、鈍った感受性の状態でした判断というのは、失敗することも多いものです。
病んだ状態で、良いと思ったことって、ろくでもないものが対象の事が多々ありますからね。
回復してから振り返ると、自分でもあり得ない判断をしていると思えるのですが、病んでいる状態ではまともな判断はできませんから、周りの人の意見などに耳を傾ける筈も無く、ドツボにはまっていったりします。

身体にも悪影響が出てくる

人生設計に狂いが生じるレベルの氣の状態の悪化でも、身体というのは案外丈夫なもので、ある程度までは健康状態を保てるのですが、限界を超えると一氣に崩れてしまいます。
こういう流れはよくあると思います。

嫌なことが続き精神的に参ってきたところに、大きな病氣をして更に追い込まれるという話は時々聞くと思います。
本人的には踏んだり蹴ったりという感じでしょうが、何故、そういう流れになっているかが理解出来れば、それを回避することも可能な訳です。

感情を解放することで回避する

無自覚で感情を抑え込んでいることが大元にあるのですから、感情が溜め込まれている事を自覚し、溜め込まれた感情を解放していけば回避することができます。
崩れてしまってから元に戻すのは大変時間も要するものですが、崩れる前から対処していれば、良い状態を保てます。
書き出して捨てる作業等の、氣を高める作業・方法を行って頂くことで、自分の状態を改善していけば、崩れることは回避記できます。

既にかなり溜め込んでしまっている場合は、遠隔ヒーリングを併用して頂いた方が良いと思います。
感情が不安定な状態で、自分と向き合うのはなかなか難しいですから。

Copyright © 2018 氣功遠隔ヒーリング All Rights Reserved.

シェアをお願いします。